MENU

デイサービス生活相談員の給与額【4年目介護職の手取り額をご紹介】

こんにちは、ノブです!

介護職というと、「キツくて給与が安い!!」というイメージが強くありませんか?

まあ、お察しの通り給与は高くありませんが・・・

ぼく自身、介護職になるまでは手取りが10万円台しかなく超低賃金・重労働なのかと思っていました・・・

ただ、実際働いてみると給与も低いとはいえ生活がままならないほどではなく、仕事環境も以前勤めていたブラック企業よりはマシな環境で働くことができています。

この記事では、現役の介護職員が給料どれぐらいもらっているのかをぶっちゃけていきたいと思います。 介護職員になると、どれくらいの生活をしていけるのか感じてみてください!

デイサービス生活相談員 月の手取り額は【約⚪︎⚪︎万円】

介護職 給与明細

・基本給 約20万円

・残業代  約4万5000円

・通勤費 約7000円

【合計25万2000円 】

ここから、控除額を引くと手取りは約20万円になります。

2021年5月分の給与は¥204、608円でした… 正直30歳になって、手取りで20万円というと低いとは思いますが、今時わりとこれぐらいの給与の方も多いのではないでしょうか?

非正規雇用の方は、年代別の平均で見ると 20代後半で、年収251万円 ボーナスが約40万円と考えると、月収が約17万5000円 30代前半で、年収290万円 ボーナスが約50万円と考えると、月収が約20万円

うーん、案外平均なみではあるんですかね?

では年代別の中央値で見るとどうでしょう? 20代後半で、年収242万円 ボーナスが約35万円と考えると17万2500円 30代前半で、年収275万円 ボーナスが約45万円と考えると19万円になります。 中央値よりは、若干上という程度ですね。 介護職といっても、平均ぐらいの給与は貰えているようです。

さらにいうのなら、入所系のサービスであればもう少し残業代や夜勤手当てもつくでしょうからもう少し給料もいいはずでしょう! ただ、割りに合っているかと言われれば… 「うーん、微妙なところ(笑)」といった感じでしょう。

みなさんが嫌がっていることをしていると考えれば、金額は少し見合っていないのかもしれません…

介護職員にも【ボーナス・昇級】はあるの?

介護職って、給料安いって聞くしボーナス昇給もないんじゃないの?

介護職員って聞くと、ボーナスもなさそうな気がしますよね〜
でも、少なからずいただけているんです!

介護職 給与明細・ボーナス支給

基本給が約20万円のため、年に2回基本給1ヶ月分のボーナスを出して頂けております。

ボーナスというと、基本給2、3ヶ月分という会社が多いかもしれませんが、まずボーナスが出ることに感謝しなくてはなりません!

コロナで売り上げが下がっている中にも関わらず、前年も少しながら頂くことができました。介護職員は給料が安いと思われがちですが、今は日本の企業全体が低賃金に落ちいっている状態と言えるでしょう・・・

今後、少子高齢化社会が進むことを考えると食いっぱぐれないことを考えれば、案外悪くない選択肢になり得るかもしれませんよ

ただし、この給料が年功序列制で上がっていくことはないと考えてもらったほうがいいです!

以前もお伝えしたように、介護職員の給料が低いことにはそれなりの原因があり、給料が上げづらい構造になっています。 そのため、役職が上がることで給料が増えることはあるのですが、同じ役職のまま給料が上がっていくことはなかなか難しいのです。 でも、全く希望がないかといえばそうではありません。 ぼくがいる店舗の方は、売り上げもなんとか損益分岐の上を維持して保っているので、今年度は昇級されるという話がありました。 なので、絶対に昇級がないわけでもないので希望は捨てずにいてください。

【手取り20万円】介護職員の生活ぶりとは?

現役介護職員の生活費の内訳

・家賃   4万6000円

・駐車場  7000円

・借金   5万3000円 (奨学金、その他分割払い)

・通信費  1万5000円

・光熱費  7000円

・食費   3万円

・交際費  2万円

・積立投資 2万5000円前後

【支出合計20万3000円】

なんとか、多少の余力を残しつつ生活できています。 ただ、冬になると光熱費が倍ぐらいに跳ね上がってしまうのでボーナスを当てにするか、貯蓄を取り崩さなくてはならなくなります。

今後、結婚のことなども考えると気が遠のいてしまいます… とはいえ、最近は夫婦共働きが当たり前の世の中にもなってきています!。

介護職員であっても決して生きていけないような収入ではないので参考にしてみて頂けたらと思います。

給与水準は高くないが、介護職ならではの魅力!

介護職はけっして給与の高い職種ではないですが、転職のしやすさという魅力はあります。

・学歴不問

・資格不要

・未経験歓迎

などなど、転職するハードルはかなり低い方です。

ぼく自身も、

・「いまいる会社をすぐにでも辞めたい」

・「できる限り転職活動に時間をかけずに辞めてしまいたい」

という一心で、介護職ならすぐに転職できるだろうと考え介護職に転職しました。

実際、面接を受けて採用結果が出るまでトントン拍子ですぐに内定が決まりました。

(むしろ、前にいたブラック企業を辞めるのに時間がかかったのは別の話です・・・)

もちろん、たまたま運がよかったというのもあるでしょうが、介護業界はどこも人手不足!

その上、高齢者は増えてきているので需要は高まり施設も増えて、求人数も増しています。

また、あまりおすすめはしませんが万が一就職先でソリが合わず辞めたくなった時に次の就職先が見つかりやすいのも介護職です。

やはり、1番は仕事内容よりも会社内の人間関係が仕事を長く続けられるかに関わってます。

こればかりは、転職してみないとわからないので転職しやすいというのはかなりの利点です!

目次

※まとめ

介護職も状況によっては選択肢の1つ

・【手取りは20万円〜】ほど、役職が上がれば給与UPも!?

・【ボーナス】や【昇給】は少ないながら介護職でもある!

・毎月贅沢はできないが、貯蓄をしつつ【ボーナス月】にはプチ贅沢を楽しむ余裕はある

・介護職の魅力は給与にあらず、転職のしやすさ!

介護職転職なら ケアジョブ!


関連記事

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次