こんにちは、ノブです!

みなさん、できる限りブラック企業には入りたくないですよね?
ブラック企業に入れば、精神力が鍛えられ転職した際には楽に感じられますが、代償は高くつきます。
なので、入社する前にブラック企業を見極められるよう、ぼくがブラック企業に入社する前の情報を併せてどんな採用をしているかお伝えして参ります。


▽ 新卒採用始めたばかり


ぼくが、最初に入社したブラック企業は、ちょうどぼくが入社する代が、初めての新卒採用ということでした。
入る前は、いいところばかりを伝えアットホームな雰囲気を出していましたが、入って数日経つと少しずつ本性を表しはじめました…

研修という名目の残業であったり、上司からの罵声なども出てきて、なんとなく違和感を同期達と感じ始めたんです。
そして、研修が終わり配属が決まって、数週間が過ぎると完全に本性を表します。
基本的なことも教えてもらえず、マニュアルもなく、先輩や上司との同行を1・2ヶ月程度経て独り立ちさせられるんです。
もちろん、売り上げ目標もあり、営業活動も見ようみまねで突撃させられます。 仕事も終わらず、残業も増え、終電近くで帰ることも増えていました…

新卒採用を始めたばかりの会社というのは、新卒への教え方もわからず、マニュアルもないためブラックなところが多い傾向です。
ベンチャー企業などで、給与がその分高いよ!という会社であればそれはいいのかもしれませんが、新卒採用を始めたばかりですという企業は避けた方がいいでしょう


▽ 給与に見栄を張らない


新卒採用なのに、初任給が高く設定されている会社にも注意が必要です。
新卒社員とは、入社から数年間は基本会社に売上で貢献はできないものです。
入社してきていきなり毎月、何100万の契約をコンスタントにとってくるやつなんていません。 それなのに、給与を高くしているということは何かしらの意図が隠れています。

・業務が激務のため社員の入れ替わりが激しい
・残業時間がえげつない
・会社紹介に載っている仕事内容よりも格段にきつい

など、給料が高いだけの理由があるのです。 新卒の給与で一般的なのは額面で25万円、手取りで20万円くらいなのではないでしょうか? 新卒なのに、額面が30万円を超えているような企業には注意が必要でしょう!


▽ 残業時間の虚偽
 

そして、ブラック企業の隠したがるところが残業時間でしょう!
ぼくが、会社に入る前「だいたい19時ごろには社員は帰っている、遅くても20時には帰っている」と聞かされていました。 確かに、19時ごろに帰る部署はあったのですが、その部署は赤字で黒字の部署はいつも22時過ぎまで残っている方が多かったです…

そして、黒字部署でも19時ごろに帰る方もいましたが、その人たちは朝5・6時に出勤してきて仕事をしていました。 面接の時や会社案内に書いてある残業時間に虚偽がある会社は確実にブラック企業でしょう!

「そんなこといっても、入るまでわからなくない?」

と言われてしまいそうですが、どうしても気になるのであれば、平日の夜の時間にその会社まで行ってみましょう。 もし明かりがついていれば、虚偽をしている可能性が高くなります。 社員の出入りを見ておくのもいいかもしれません。

自分の人生を左右することなので、しっかり確認しておくことに損はありません。 ただ、最近は在宅ワークが主流という会社も少なくはないでしょうから業種にもよる確認方法になるでしょう


※まとめ


ブラック企業の見分け方

・新卒採用始めたばかりの会社は放置されがちでノルマもきつい!
・新卒採用なのに給与が高いところは使い捨てと考えられがち!
・残業時間を虚偽している会社は間違いなくブラック!

ぼく自身の経験と偏見が入っておりますが、ぜひみなさんもブラック企業を避けいい企業に就職してください。