MENU

何をやっても続かないを脱却して、やる気を保つ方法!

こんにちは、ノブです!
何か新しいことを始めても続かない…
こんなことって多くないですか?

正直、ぼくもあまりコツコツと計画立てて継続的にやることって苦手です(笑)
夏休みの宿題は、最後の日までとっておきました!

それでも、いまは2日に1回はトレーニングを行いながら、ブログを日々書くようにしています。
継続していくには、どのようにしたらいいのか、ぼくのやる気の保ち方をお伝えしてみようと思います。

結論から言うと、
・常に改善策を考える
・無理した目標を掲げず、小さな目標から始める
・アラームを設定しておく

この3つを実践しています!

目次

・常に改善策を考える

何か上手くなりたいことや、新しく始めたことって最初は苦しくないですか?
よっぽど、自分がやりたくて楽しいことであれば苦も無く続けられると思います。

でも、 「これから生きていく上で新しいスキルが必要だ!」
「会社で評価を上げるにはこれを学ばないと!」
「新しいスポーツに挑戦してみよう!」
ものは試しにやってみたり、やらざるを得ない状況の上で始めるとなかなかやる気が続かず…

「どうせ、俺なんて…」 と諦めてしまうことも多いでしょう。

ただ、最初からなんでもできた人はいません。

どんなすごい人でも、最初は全然できなかったと思います。

この人たちと、続かない人たちの違いは『常に考えている』ことなんじゃないかとぼくは思います!
サッカーの上手い人は、相手のかわし方・シュートの仕方・パスの蹴り方、もっと言えば足の振り出し角度など細かく考えているかもしれません!

ぼく自身は、陸上をずっとやっていて冴えない記録しかないですが、常に改善策を考えて、
「足のつく角度はこうじゃないか…」
「スタートの体の前傾はこの角度がいいんじゃないか…」
「ここの筋肉を鍛えると動きが変わるんじゃないか…」 など、最近は常に考えています。

こうやって、アイデアが浮かんでくると今度は試してみたくなるんです!

帰ってきて、食事して少しゆっくりしたら、もう21時過ぎていたりしますが 「今日思いついた、あれだけでも試してみたい…」

そんな感じで始めると、ついつい他の動きもしてみたくなり30〜60分ぐらい練習していたりします。
ブログを書くことも、メモ帳にネタなどを書き溜めて置いて明日はこれにしてみようかなと考えていると、わりと書けてしまったりします。

常に改善策を考えていると、自然とやりたくなる意欲が湧いてきます。
試しに自分がやってみたいものを常に頭の片隅に置いてみてください。

※ただし、あまり資格試験や学校の試験には向かないと思います。
これらは、時間に制約があります。 テストであれば、テスト期間前に勉強を終えていなければなりません。
それを、毎回やり方を変えていたのでは範囲が終わらなくなってしまいます。

会社のプレゼンや営業の仕方、自分の趣味などに活用してみてください!

・無理した目標を掲げず、小さな目標から始める

ぼくがよくやりがちなのが、 「今日はこの参考書を30ページやって、この本を読んで、筋トレとランニングを夜にやろう!」 と、スケジュールいっぱいに詰め込んでしまいがちでした…

こうすると、一つ時間がずれると 「今日は参考書やる時間がない、本を読むかと思ったらテレビ見ちゃった、走るのは明日にしよう…」
やる気が一気に失せて結局何もせず過ぎてしまうことが多々ありました…

では、いまはどうしているのかというと

「今日はダッシュ1本、ブログ1本、とりあえずこれで完了!」

簡素化しています、というか目標を小さく置いています。

「それだけやっても意味ないでしょ?」
と言われてしまいそうですが、何もやらないより30メートルでも1本走った方が、筋力はつきませんか?
ただ、テレビを観ているよりも1本だけでもブログを書いた方が文章力の向上につながると思いませんか?
何もやらないよりは、1回だけでもやった方がいいんです!

それに案外、1本だけ走るっていっても、外で走ってみると「ついでにもっと走るか!」と気力も湧いてきます。
ブログも、ついでに明日のネタでも考えとくかとか思った以上の成果が出たりします。

なので、いきなり大きく目標を掲げず、ちびちびとやっていくと案外大きな成果につながるかもしれません。

・アラームを設定しておく

あと、ぼくが毎日決めたことをやるために行っているのが 『アラームを設定』しておくことです。

パブロフの犬というのをご存知ですか?
心理学の授業で出てきたのですが、
犬に「音が鳴るとご飯が出てくる」という条件づけを覚えさせると犬はご飯が実際に出て来なくても、音が鳴るとヨダレが出てくるようになります。
ようは、体に「音が鳴ったらご飯が出てくるよ」とすり込むわけです。
そうすると、頭で考えずとも体が反応するようになるのです!

つまり、ぼく自身も犬になるんです!

「アラームが鳴ったら、走る時間!」
「アラームが鳴ったら、ブログを書く時間!」
「アラームが鳴ったら、勉強の時間!」 と、体に覚えこませておくのです!

この「アラームを設定」しておくのと、「小さな目標」を一緒にやっておくと徐々に新しい習慣ができてくると思います。

慣れてきたら、徐々に時間を伸ばしていけばいいのではないでしょうか?

また、アラームは仕事などにも使っています。
毎日一定の時間にやらなければいけないことがあれば、それを設定しておきますし、毎月や2週に1回なども繰り返し機能を使えば設定しておくことができます。

ぼくは、そのアラームを使うためにApple Watchを購入しました。
(本当はめざましにもと思ったのですが、振動が弱く起きれませんでしたww)

こんな、感じでアラームを日々 多用しております!

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次