MENU

『やる気がどうしても出ない・・・』こんな時の対処法3選!

こんにちは,ノブです!

やりたいこと・やらなければいけないことがあるのに・・・「やる気が起きない!」というような時ってありませんんか?
ぼくは,よくありますw

それでも,やらないといけない時のやる気の起こし方についてぼくなりのやり方をお伝えいたします。

目次

▽ やる気がない時こそ,「運動」することで活力UP!

運動しても一見疲れてしまい,逆にやる気が削がれてしまうように思うかと思います。 しかし運動をすることで,身体が副交感神経優位になってリラックスさせようとしているのを交感神経優位にしていき活力を上げることが期待できるのです。
また,身体を巡る血流量が増え脳も活性化されます。偉人の中にも,アイデアを考える際などは座って机に向かって延々と考えるよりも,歩きながらアイデアを考えたりする逸話などもあるくらいです。
アイデアが生まれれば,自然と「こうやってみたい」「こうしたらどうだろう」など挑戦意欲が湧いてくるはずです。
さらに言えば,適度な有酸素運動であればホルモンの分泌も促されます。特に有名なのが,幸福ホルモンとも言われるセロトニンです。セロトニンは,幸せホルモンと言われている名前の通り精神の安定や安心感を増幅させる効果があり,頭の回転を良くして脳を活発にさせると言われています。

運動は,疲れを生みやる気を削いでしまうように感じられますが,脳を活性化しアイデアを沸かせやる気を起こすのに重要な役割を担っています。
もちろん,「残業で遅くまで仕事していて疲れている・そんな暇はないよ」と言われる方も多いでしょう。 ただ,5分でも10分でもウォーキングをするだけで違いはあるはずです。

言い訳ばかりを考えて,何もしないままでは一向に変わりません。 1日5分でもいいのでウォーキングをしてみると,少しやる気が湧いてくると思いますよ!
もし,運動をしたいけどやる気が起きないというのであれば運動の強度を可能な限り低くしてください。

「毎日30分走る!」と言わずに  → 「会社から帰ってきて5分だけ散歩しよう」 など,小さな積み上げから始めてみましょう!

▽ ルーティン化してやる気が出なくてもできる状態を作りましょう!

やる気がでない人は,大抵何をやるかが曖昧になっています。
学生の勉強であれば,
「今日は英語でも勉強しようかな?」
「数学の予習でもしておくかな〜」 など,あまり明確に決めていません。 ぼくも,そうでした。
「今日は英単語を覚えよう!だいたい,10ページくらいやればいいか・・・」 など,その日その日ごとに適当に決めていました。

こうすると,なんとなくの目標しか定まっていないためやる気も起きず,自分で決めたノルマが達成できないようなものなら,もうやる気のかけらも見当たらなくなります。

ですので,やる気をそこまで必要としなくてもいいように『ルーティン化』してしまいましょう! 勉強であれば,毎日何時から何時までの間は,勉強に使うと決め1週間単位のスケジュールを決めましょう。
この時,ポイントになるのが今の自分の能力を把握しておくことです。 例えば,1時間で参考書を5ページしか進められない人が,毎日30ページ進めようと思い至ってもそれだけで6時間もかかってしまいます・・・
自分の能力で,何にどれぐらいの時間がかかり,1日に進められる適切な量を決めるため自分の力量を知っておくのは重要です。
その上で,できる量をルーティン化しておけばやる気がなくても『最低限』のことはできるようになるはずです。

▽ 寝る・サボる

そしてどうしてもやる気が出ない時は,おもいっきりサボりましょう!
作業をやめて,ゆっくり寝てしまうんです。 そうすれば,2つの効果が得られると考えられます。

1つ目は,とうぜんゆっくり休むことで体力をしっかり回復させられて,次の日からまた頑張れます。 休むことが必要な時もあり,次の日からまた頑張れる活力を養うことも重要です。

2つ目は,サボってしまったことにより罪悪感を感じることです。 サボってしまうことで,

「自分はなんで意思が弱いんだろう・・・」
「絶対やるって決めたのに、寝てしまった・・・」 こう思う方が大半じゃないでしょうか?

このサボってしまった罪悪感をバネにやる気をもう一度奮い立てましょう! そして、数ヶ月・数年先を見据えて目標に到達している自分を想像しながらもう一度やりなおせばいいんです。

何度でもやりなおせます。 そして、一歩ずつ進めていきましょう!

※まとめ

・運動をして、リフレッシュと脳を活性化!
・ルーティン化して、やる気がない時でも作業できる状態を作っておきましょう!
・いっそのことサボってしまい、罪悪感をバネにもう一度やりなおしましょう!

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次